東アジアnews+

      1:  2018/01/20(土) 08:52:56.33 ID:CAP_USER
      民団の努力で在日の今が
      白眞勲・民進党副幹事長(参院議員)

      no title


       民団も今年で72年になります。私も、この国で在日韓国人として生まれ育ちました。そういう中で、民団の先輩方が一生懸命、血のにじむような努力をしたおかげで、今の在日社会が成り立っていると思います。

       私が子どもの頃、役所から小学校入学の案内書も届かず、成人式にも呼ばれませんでした。さらに就職時は「あ、韓国の方ですか」の一言で不採用でした。民団の先輩方の努力に本当に敬意を表したいと思います。

       最近、ようやく国籍差別が薄れて、2002年ワールドカップ、その後のヨン様ブーム、韓流ブームと続き、少し変わってきたかなと思っていたら、ヘイトスピーチが起きました。

       日本は2年後に五輪を開催し、世界からお客様が訪れるのです。にもかかわらず、この国に住む外国人を排斥しようとする運動をしているのであれば、こんな恥ずかしいことはありません。与野党関係なく何としてでも解決しようと法制化しましたが、まだまだヘイトスピーチは無くなっていません。

       在日の方々は特別な権利を求めているわけではありません。地域住民として、当たり前にこの国で生活していく最低限の権利を頂きたいと言っているのではありませんか。国会議員の私たちはそれをしっかりと受け止め、取り組んでいこうではありませんか。

      http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=24163

      引用元: ・【話題】白眞勲「在日は特別な権利を求めているわけではありません。最低限の権利を頂きたいと言っているのです」

      【【話題】白眞勲「在日は特別な権利を求めているわけではありません。最低限の権利を頂きたいと言っているのです」 】の続きを読む

      1: 2018/01/13(土) 22:15:53.80 ID:CAP_USER
      特集
      神童は大人になってどうなったのか? 名門校の神童たちは「すごい人」?「ただの人」?

      小林 哲夫
      2018/01/05

      山尾志桜里、望月衣塑子を生んだ学芸大附属高 “神童少女”は大人になっても戦い続ける

      山尾志桜里、望月衣塑子、香山リカ、最高裁判事、SKE48、プロボクサー

       東京学芸大学附属高校。中学、高校受験の塾関係者、保護者から「ガクダイフ」と呼ばれることがある。

       1990年代まで、女子がもっとも多く東京大に進学する学校だった。一学年が約330人で男女比率が半々だったこともある。『神童は大人になってどうなったのか』(太田出版)で遭遇した学大附OGは才気煥発で「強い人」という女性が多かった。

       2017年で旬な人と言えば、山尾志桜里(1993年卒)、望月衣塑子(1994年卒)であろう。

      神童は大人になっても受験生気分が抜けきらず……

       山尾志桜里は保育園不足を追及する側から、不倫疑惑で追及される側に立たされた。小学生のとき、ミュージカル「アニー」のオーディションに合格する。アニーを演じながら、通知表ではオール5を通し、東京学芸大学附属大泉中学校に合格した。勉強はいつでも、どこでもできる。10分で参考書の1ページぐらいはできる、それには気合いだと豪語して、当時、受験生の定番『基本英文700選』、山川『詳説世界史』を丸暗記するなどして、東京大に現役合格を果たす。

       山尾の受験前の一コマである。

      「『めんどう臭いから合宿にしちゃおうか』みたいな感じになってきて、一月はほとんど、合宿のような感じで勉強していました。といっても、いちおうは三、四日泊まると一度家に帰って、一、二日くらい一人で勉強して、また行く、それが基本パターンでした。離れでしたし、歯ブラシも着替えも持ち込んで、二人きりで生活しているような気分になって、なんとなく楽しかったですね。(略)心を許し合える友だちだったので、勉強するときも相手が気にならないでペースが守れます」(『アニーの100日受験物語――私は、コツコツ勉強する優等生ではなかった』ゴマブックス、1995年)。

       神童は大人になっても受験生気分が抜けきらず、「心を許し合える友だち」の弁護士とマンションやホテルで勉強合宿を行い改憲論議のため理論武装に余念がない。安倍政権と戦うために。

      http://bunshun.jp/articles/-/5711

      引用元: ・【話題】山尾志桜里、望月衣塑子、香山リカ 神童少女は大人になっても戦い続ける

      【【話題】山尾志桜里、望月衣塑子、香山リカ 神童少女は大人になっても戦い続ける 】の続きを読む

      1: 2018/01/04(木) 11:53:11.47 ID:CAP_USER
      作家の室井佑月(47)が1日の討論番組『いま、日本を考える2018』(BSテレビ朝日)で
      「頭おかしい」とヒステリックに司会者に噛み付く様子が放送され、SNS上で話題となっている。

      裏『朝生』というべき番組。司会が田原ではなく、”テレ朝唯一の常識人”と評判の小松靖アナ(43)が、
      思想の左右にとらわれず是々非々で討論を仕切るという点で、放送前から「期待できる」という声が飛び交っていた。

      この日、最も注目を集めたのは『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)でおなじみのコメンテーター・青木理(52)が答えに窮して、
      しどろもどろになったシーンだった。

      「青木さんは番組冒頭で『安倍政権は戦後最低最悪』と切って捨てて批判したのですが、これに対し小松アナが中盤に田原の制止を無視して、
      『ボクは青木さんに聞きたい。そこまで安倍政権を戦後最悪だと言うなら、対案を出すべきでは?』と正論をぶつけた。

      そこで青木さんは『ボクはジャーナリストだから対案を出す立場にない』と即答して議論を避けたんですが、小松アナはさらに畳み掛けて、
      『そこまで言うなら対案がないと説得力がない』『その話をするとワタシは社会部だとかおっしゃるんですが、そんなの関係ない』と青木さんを追い込んでしまった。
      すると、いつもは切れ味鋭い青木さんが小松アナとは目を合わせず、『あの、いや……』としどろもどろになってしまいました」(週刊誌記者)

       この時、動揺したのは青木だけではなかった。青木の隣にいた室井は何かを察知したのか、
      青木を庇うように「だってそうとしか」「なんで~!? おかしくない? なんで~?」「どうして~?」と強引に小松の会話を遮り、
      ついには「頭おかしい」とヒステリックを小松アナを罵倒した。
      結局、青木は「ジャーナリストが対案を出すのは仕事だとは思っていない」と同じことをくり返すのがやっという”討論ゼロ”の討論番組となっていた。

       この問題シーンの動画がSNS上に投稿されるや、「頭おかしいのはどう考えても室井」「文句だけでいいならジャーナリストは誰でもできる職業」
      「ジャーナリストも小説家も何の役にも立たないことが判明した」「そもそも室井はいるのか?」など厳しい声が飛びかった
      。一方で田原さえ恐れず、テレ朝社員らしからぬ正論を貫いた小松アナには「彼のほうがよほどジャーナリストだ」との喝采があがっていた。

       ともあれ、対案を出さないのは「とにかく安倍晋三(64)が嫌い」の一辺倒で批判だけ続ける室井や、さらにはどこかの野党も同様である。
      小松アナには次は室井から”生産的な意見”というものを聞き出してほしいものである。

      http://dailynewsonline.jp/article/1390859/

      引用元: ・室井佑月「なんで~!?おかしいー!おかしくない?なんで~?頭おかしい」青木理に対案を出せと言ったテレ朝アナをヒステリックに罵倒

      【室井佑月「なんで~!?おかしいー!おかしくない?なんで~?頭おかしい」青木理に対案を出せと言ったテレ朝アナをヒステリックに罵倒 】の続きを読む

      このページのトップヘ