科学ニュース+

      1: 2017/12/27(水) 16:36:15.63 ID:CAP_USER
      <11月13日に板門店で韓国に亡命した北朝鮮兵。重傷を負っており手術を受けたが、
      体内にいた大量の寄生虫に注目が集まった。背景には、国を挙げて行われる「人糞集め大作戦」がありそうだ>

      13日午後に朝鮮人民軍(北朝鮮軍)兵士1人が、板門店の共同警備区域(JSA)から韓国側に亡命してから3日。
      その過程で北朝鮮側から銃撃を受けた兵士は重傷を負い、ヘリコプターで病院に運ばれ、16日までに2度の出術を受けた。

      執刀した韓国の外科手術の権威、亜洲大学病院のイ・グクチョン教授は韓国メディアの取材に、2回目の手術後、
      兵士の容態は多少よくなったが、心肺機能が完全に回復せず意識がない状態が続いており、
      1回目の手術から10日(今月23日)ほど経たないと何とも言えない状況だと語った。

      イ教授の話で、メディアの注目が集まったのが「寄生虫」だ。

      世にも奇妙な光景
      この兵士の大腸には大量の便が残っており、銃撃による傷口から漏れ出て腹腔を汚染してしまった。
      さらには便に混じり、最長で27センチの回虫が数十匹発見されたというのだ。
      回虫が小腸を食い破ることで合併症の危険が高まるため、目視で除去したとのことだ。

      「外科医師になって20年以上になりますが、
      韓国人の患者の大腸、小腸でこれほど大きな寄生虫は見たことがありません。韓国社会ではまず見られない現象です」(イ教授)

      韓国寄生虫撲滅協会(現韓国健康管理協会)が寄生虫調査を始めた1971年、
      韓国国民の回虫感染率は54.9%にのぼった。しかし、1981年には13%まで下がり、1992年には0.3%、2016年には0.05%となっている。
      ただ最近では、無農薬野菜、魚の生食による寄生虫感染が問題になっている。

      ちなみに日本の学校衛生統計によると、寄生虫卵感染率は1947年の70.92%から、1962年には10%以下になっている。

      寄生虫感染率が急激に低下したのは、下水道設備の整備、衛生教育の徹底、洗剤の普及に加えて、
      化学肥料の普及により下肥、つまり人糞を発酵させた肥料を使わなくなったことが大きい。

      尿素が多く含まれる下肥は、中国やギリシャでは紀元前から使われていたという記録がある。
      集めた糞尿を夏は1~2週間、冬は3~4週間発酵させて使うが、
      これが不完全だと様々な菌や寄生虫が残ったままで作物に使われ、人体に取り込まれる。
      化学肥料の発達や疾病予防運動で、メリットよりデメリットが大きくなった下肥は急速に消えていった。

      ところが、未だに下肥が大々的に使われている国がある。手術を受けた兵士の祖国、北朝鮮だ。

      北朝鮮の肥料消費量は年間155万トンだが、実際の生産量は50万トンにとどまっている。
      不足分は中国から輸入しているが、それだけでは需要を満たせない。
      そこで北朝鮮当局は毎年「堆肥戦闘」つまり「人糞集め大作戦」を繰り広げるのだ。

      毎年1月になると、当局は国民に人糞集めの過酷なノルマを課す。
      筆者が会ったある脱北者は、
      「北朝鮮国民は、日本や韓国では想像もできない苦行を国から押し付けられるが、堆肥戦闘こそ本当の地獄だった。
      あれだけは死んでもやりたくない」と語っていた。

      人糞集めは、ノルマを達成できなければペナルティーが待っている。
      そのため人糞には値段が付き、商品として市場で取引される。
      人糞を巡ってブローカーが暗躍、さらにはワイロまでが飛び交う世にも奇妙な光景が現出するのだ。

      ただでさえ大変な堆肥戦闘だが、来年はさらに熾烈なものになりそうだ。
      経済制裁による外貨不足に加え、北朝鮮当局が、窒素肥料の生産、輸入を禁止したからだ。
      窒素肥料の原料である硝安(硝酸アンモニウム)に、軽油を混ぜれば爆発物ができる。
      金正恩党委員長は、自らを狙う「斬首作戦」に使われるのを恐れているのだろう。

      それにしても、北朝鮮の下級兵士らは食糧の横流しによる栄養失調や、
      性的虐待の横行などに苦しめられているというが、いったい何があって、
      この兵士はJSAの突破などという無謀な行動に出たのだろうか。

      兵士が回復しなければ、その謎はずっと解けないままになるかもしれない。

      画像:板門店で韓国側から Kim Hong-Ji-REUTERS
      no title


      ニューズウィーク日本版
      http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/11/post-8930.php

      引用元: ・【医学】北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

      【【医学】北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由 】の続きを読む

      1:  2017/12/13(水) 19:31:18.30 ID:CAP_USER
      高血圧対策の筆頭は「減塩」とされている。高齢者の食卓に薄味のメニューが並び、味わいのなさに「食べる喜び」を失いつつも、
      「健康のためなら」と我慢を続ける人も少なくないだろう。
      これは「血圧は塩分によって上がっている可能性が高い」という過去の研究をもとに「塩分」が目の敵にされてきたからだ。

       だが実際には、味覚を犠牲にして減塩食を続けても、血圧が下がらない人もいる。
      中には、減塩したのに血圧が上がる人もいる。塩分が原因だったら、この現象は説明がつかない。

       実は、塩分が高血圧をもたらす「真犯人」であるかどうかは、医療関係者の間でいまだ議論が続いている重大なテーマだ。

       そこでいま、新たな理論が注目を集めている。『脳梗塞・心筋梗塞は予知できる』の著者で、
      循環器に詳しい真島消化器クリニック院長の真島康雄医師は、「高血圧と塩に直接の関係はありません」と明言する。

      「高血圧をもたらすのは塩分ではなく、血管に溜まったプラークです。プラークとは脂肪の塊のことで、
      日本語では『粥腫(じゅくしゅ)』と呼ばれ、その名の通りお粥のようにドロドロしています。
      これが溜まって血管の内側が狭くなるから、そこを流れる血液の圧力が高まる。実にシンプルな理屈です。
      塩分よりも、脂肪分や糖分を口にしないことで、血管中にプラークを作らないほうが重要です」

      NEWSポストセブン
      https://www.news-postseven.com/archives/20171211_636100.html

      引用元: ・【医学】最新理論で判明 高血圧の真犯人は塩分でなく脂肪だった

      【【医学】最新理論で判明 高血圧の真犯人は塩分でなく脂肪だった 】の続きを読む

      1:  2017/11/17(金) 23:35:49.82 ID:CAP_USER
      災害支援など、特殊用途のロボットを開発する米Boston Dynamicsが16日、You Tubeに同社の人型ロボット「Atlas」がなめらかな"バク宙"を披露する動画を公開している。

       Atlasは同社の2足歩行の人型ロボットで、不整地でも歩行でき、荷物を運搬するために開発されているものだ。
      公開されているスペックによると、全高は1.5m、本体重量は75kg、
      28の関節を持ち油圧アクチュエータによって駆動される(過去記事も参照"もはや人間より器用?
      ブロックの角の上も歩ける2足歩行ロボット")。

       そんな75kgと決して軽量ではないAtlasだが、今回された動画では軽やかなジャンプと、バク宙を見せてくれる。
      不整地における2足歩行の時点ですでにレベルの高い制御であると言えるが、ジャンプし、
      姿勢を崩さずに着地する姿はその重量を考えると驚くべきことだろう。

       なお、同社はつい先日にも新しい4足歩行ロボット「New SpotMini」を発表しているが、
      こちらもぎこちない4足歩行で話題になった「WildCat」のイメージからかけ離れた出来栄えだ

      関連動画
      What's new, Atlas?
      https://youtu.be/fRj34o4hN4I



      PC Watch
      https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1092187.html

      引用元: ・【テクノロジー】〈動画あり〉Boston Dynamics、今度は人型ロボットで”バク宙"を披露

      【【テクノロジー】〈動画あり〉Boston Dynamics、今度は人型ロボットで”バク宙"を披露 】の続きを読む

      このページのトップヘ