芸スポ速報+

      1:  2018/08/31(金) 17:59:58.09 ID:CAP_USER9
      UEFAは8月30日、レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFのルカ・モドリッチが、2017-18シーズンの最優秀選手に選出されたことを明らかにした。

       UEFAの最優秀選手は、昨シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)とヨーロッパリーグに出場したクラブの指揮官80名と、「欧州スポーツメディア」が選出する55名の記者の投票で決まる。

       すでに発表されていた最終ノミネートでは、モドリッチのほか、同じくマドリーのCL3連覇に貢献したクリスチアーノ・ロナウドや、CL決勝でマドリーと対戦したリバプールのモハメド・サラーの名前が挙がっていた。

       UEFAの発表によれば、モドリッチは313ポイントを獲得。223ポイントだったC・ロナウドに90ポイントもの差をつけての受賞となった。C・ロナウドは3年連続4回目の受賞を元チームメイトに阻まれる形となった。
       
       この投票結果に怒りを露にしたのが、C・ロナウドの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏だった。英国衛星放送『Sky Sports』によると、メンデス氏はポルトガル『Record』で「サッカーはピッチ上でするものであり、そこでクリスチアーノは勝った」と述べた。

      「彼は15ゴールを決め、マドリーを背負い、再びCLを制覇した。バカげている。恥ずべきだ。勝者がだれかは疑いようもない。クリスチアーノは彼のポジションでベストの選手だからね」

       CLグループステージの組み合わせ抽選会も兼ねていたこの日の授賞式には、C・ロナウドも招待されていたが、この夏ユベントスに移籍したCR7は姿を現わさなかった。

       イタリア衛星放送『Sky Sport』によると、ユベントスのジュゼッペ・マロッタCEOは「来なかったのはC・ロナウドの個人的な判断だ。我々はそれを尊重したい」と明かしている。

      「我々はこの決定(モドリッチ受賞)をとても残念に思っている。これはCLに関する賞で、ワールドカップではないからだ。昨シーズンのCLで最も感動を与え、素晴らしいゴールを決めたのは、C・ロナウドだったと思う。私ならC・ロナウドに投票していた。サッカーファンとしての意見だ」

      「C・ロナウドが欠席したのは、個人的なプライベートの選択であり、ユベントスとはまったく関係ないし、尊重されるべきだ」

       かつての仲間に「ベストプレーヤー」の座を奪われたC・ロナウドは、ユベントスを悲願の欧州制覇に導き、ふたたびその称号を取り戻すことができるだろうか。

      8/31(金) 17:14配信 サッカーダイジェスト
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180831-00046549-sdigestw-socc

      写真
      no title

      引用元: ・【サッカー】<バカげている!> C・ロナウド代理人のジョルジュ・メンデス氏、欧州最優秀選手に選ばれたのがモドリッチで大激怒!

      【【サッカー】<バカげている!> C・ロナウド代理人のジョルジュ・メンデス氏、欧州最優秀選手に選ばれたのがモドリッチで大激怒! 】の続きを読む

      1: 2018/09/22(土) 00:09:15.13 ID:CAP_USER9
      漫画家・冨樫義博氏の人気漫画『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)が、22日発売の『週刊少年ジャンプ』43号で連載を再開させた。
      最後に掲載されたのは4月2日発売の18号で、約5ヶ月半ぶりの復活となる。

      センターカラーで連載が再開されて、第381話の扉絵ではメインキャラクターのキルアが「オレ、今どこ?」、ゴンが「あ、オレ念使えないんだった」、レオリオが「出せコラ」と、それぞれ最近出番がないことをネタにしたセリフとともに描かれている。

      17日にNHKで放送されたドキュメンタリー番組『のぞき見ドキュメント 100カメ』では、『週刊少年ジャンプ編集部』が舞台に。
      番組では、撮影スタッフが誰ひとり現場にいない、固定カメラ100台を使った撮影手法により“素”の人間ドラマを描き出す。
      そこで『HUNTER×HUNTER』の担当編集が、今回再開される第381話について「やっべえぞ。マジでヤバいものを手に入れてしまった。神回。原稿をもらって泣きそうになったの久しぶりだわ」と感想を述べていた。

      1998年に連載を開始した同作は、主人公の少年ゴンが、親友キルアら仲間たちと旅に出る冒険ファンタジー。
      現在、未開の大陸への渡航を目指す船の中で、カキン帝国の次期国王を決める王位継承戦が行われており、王子たちやクラピカ、幻影旅団のメンバーなど各キャラクターたちの思惑がぶつかり合う「暗黒大陸編」を展開。

      最後に掲載された第380話では、ミザイストムが連続殺人事件の対策本部を設立し、第3層で第11王子のフウゲツが発見されたところで終了。
      『次号よりしばらくの間休載いたします。再開が決まり次第、本誌でお知らせします』と発表され、目次ページでも、冨樫氏は「また休載ですみません。なるべく早いタイミングで戻って来れるよう頑張ります」とコメントを残していた。

      同作はこれまで数回休載しており、最近では17年9月より休載し、約5ヶ月後18年1月に連載を再開するも、その後4月から再び休載。
      今月5日に公式サイトで連載再開が発表されると、ファンから「ハンターハンター復活おめでとー」「平成最後にハンターハンターが読める」と喜びの声があがっていた。

      ■近年の休載期間
      ・07年12月~08年2月(約2ヶ月)
      ・08年5月~08年9月(約4ヶ月)
      ・08年12月~09年12月(約1年)
      ・10年6月~11年8月(約1年2ヶ月)
      ・12年3月~14年5月(約2年3ヶ月)>>12年12月に劇場版の序章となる特別編2話掲載も本編は休載
      ・14年8月~16年4月(約1年8ヶ月)
      ・16年7月~17年6月(約11ヶ月)
      ・17年9月~18年1月(約5ヶ月)
      ・18年4月~18年9月(約5ヶ月半)

      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00000378-oric-ent

      週刊少年ジャンプ43号
      no title

      「HUNTER×HUNTER」35巻
      no title

      引用元: ・【漫画】『HUNTER×HUNTER』連載再開 5ヶ月半ぶりにセンターカラーで登場

      【【漫画】『HUNTER×HUNTER』連載再開 5ヶ月半ぶりにセンターカラーで登場 】の続きを読む

      1:  2018/09/03(月) 02:05:19.59 ID:CAP_USER9
      野球評論家の落合博満氏(64)が2日放送のNHK「サンデースポーツ」(日曜後9・50)に出演。甲子園準優勝右腕で、
      第12回U18アジア選手権(9月3日開幕、宮崎)に出場する高校日本代表の金足農・吉田輝星投手(3年)について言及した。

      落合氏は先月のロッテ球団創設50年イベント後の取材で「一級品のピッチャー」と評していたが、
      この日の放送でも「このピッチャーはいいピッチャーです」と改めて評価した。

      吉田の持ち味である“スピンのかかった切れのある直球”や投球フォームに
      「球に自分の力をうまく、無理なく伝えている」と称え「(今後も)変なことを覚えないで、このままでいってくれた方がよいと思います」とアドバイス。

      大越健介キャスターが「落合さんが監督だったらとりますか」と質問すると「投手がいなかったらドラ1でいきますよ」とキッパリと答えた。

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00000166-spnannex-base
      9/2(日) 22:59配信

      引用元: ・【野球】落合博満氏、金足農・吉田輝星を改めて評価「投手いなかったらドラ1でいく」

      【【野球】落合博満氏、金足農・吉田輝星を改めて評価「投手いなかったらドラ1でいく」 】の続きを読む

      このページのトップヘ