芸スポ速報+

      1:  2018/11/13(火) 17:47:12.20 ID:CAP_USER9
      『週刊少年ジャンプ50号』(11月12日発売)に掲載された「HUNTER×HUNTER」(冨樫義博=作)の最新話には、ほとんど文字だけのページが出現した。
      元々、ストーリーが複雑で文字数が比較的多い漫画ではあったが、ネットでは「とうとう絵が消滅してますけど」「冨樫さんは絵を置き去りにした」と話題になっている。

      約半年の休載を経て、9月22日に連載を再開した同作。
      現在は、暗黒大陸に向かう船の中で、カキン帝国の次期王の座を巡って、王位継承戦が行われている。

      キャラクターの1人が9コマに渡って考察を展開 「もう小説でいいよね」
      王位継承戦では、14人の王子とその私設兵、王子に雇われたハンターのそれぞれが念能力という特殊な能力を使って戦う。
      最後に生き残った王子が、王位を継承するというルールだ。

      誰がどのような念能力を持っているのかお互いに分からず、また自分自身の念能力を発動させる条件があることがある。
      そのため相手がどのように行動するのか緻密に計算し、頭脳戦の様相を呈している。

      第1王子ベンジャミンの護衛・リハンは最新話で約1.5ページ・9コマに渡って、今後の行動についての思案を繰り広げた。
      思案の最初の方ではまだリハンの横顔が描かれていたものの、後半になると、絵も背景もなく、ただ文字だけが並べられている。

      「(前略)敵の能力を知る能力、敵の能力を打ち消す能力、敵の能力を奪う能力等、私と同様相手の念能力に対抗するタイプの能力が多く発現するのは必定!手をこまねいている程リスクが高くなる…!動くなら早い方がいい(後略)」

      文字だけでのコマは他のページにも複数ある。
      こうした表現について、ネットでは、「挿絵の多い小説」「もう小説でいいよね」といった声が上がっている。
      また設定があまりにも複雑なため、「漫画で頭使いたくない」「もうわかんない」といった嘆きも散見された。

      過去には、見開きページが丸ごと日記に費やされたことも
      同作では、適当な作画がジャンプに掲載され、単行本で修正されることも何度かあった。
      特に186話から318話に掛けて展開されたキメラ=アント編では、きちんとペン入れをしていないのではないかと思われるようなラフな絵がしばしば掲載されていた。

      そのため「別にネームが多いのは個人的に全く気にならんが画がないのはいかがなものかと」という意見も出ていた。
      ラフなものでも構わないから、なんらかの絵がほしいということだろう。

      しかし冨樫義博さんは1995年から1997年に掛けて連載された『レベルE』で見開きをまるごと日記に費やすということをしている。
      そのため冨樫作品の読者の中には「今更驚かん」という人も少なくなかった。

      http://news.livedoor.com/article/detail/15588573/

      ほとんど文字だけページが出現「HUNTER×HUNTER」
      no title

      引用元: ・【漫画】「HUNTER×HUNTER」にほぼ文字だけのページが出現!「もう小説でいいよね」「冨樫が絵を置き去りにした」と話題に

      【【漫画】「HUNTER×HUNTER」にほぼ文字だけのページが出現!「もう小説でいいよね」「冨樫が絵を置き去りにした」と話題に 】の続きを読む

      1:  2018/09/25(火) 15:02:38.31 ID:CAP_USER9
      no title


      レアル・マドリーはアヤックスに所属するオランダ代表のMFフレンキー・デ・ヨングに興味を持っているようだ。24日付けのオランダメディア『テレグラーフ』が報じている。

      デ・ヨンクは昨季アヤックスでリーグ戦22試合で8アシストを記録し今月にはオランダ代表デビューを飾った21歳だ。また7月に欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトで発表された注目すべき50人の若手選手に選出され今夏にはトッテナムやバルセロナからの獲得オファーもあった逸材である。

      同メディアはそんなデ・ヨングに対しマドリーが8000万ユーロ(約104億円)の移籍金を支払う準備があると伝えている。マドリーとしては現在33歳とベテランの域に入っているMFルカ・モドリッチの後継者として迎え入れたい意向を持っている模様だ。

      ちなみに今夏バルセロナがオファーを出した額は4500万ユーロ(約58億5000万円)から5000万ユーロ(約65億円)とされており「バルサはまったくチャンスがない」とマルク・オーフェルマルスSD(スポーツディレクター)が一蹴した。

      デ・ヨングを「売る事はない」と語るオーフェルマルスSDだが100億円以上のオファーが来た場合、クラブとして断る事が出来るだろうか。

      9/25(火) 8:40
      フットボールチャンネル
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180925-00290677-footballc-socc

      引用元: ・【サッカー】レアル・マドリー、アヤックスの21歳MFデ・ヨンクに100億円超のオファーか。モドリッチの後継者として

      【【サッカー】レアル・マドリー、アヤックスの21歳MFデ・ヨンクに100億円超のオファーか。モドリッチの後継者として 】の続きを読む

      1:  2018/09/25(火) 06:06:49.38 ID:CAP_USER9
      喜びのあまりセレモニーでは涙を浮かべる場面も…

      no title


      9月24日(現地時間)、2018年の年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ」がイングランドのロンドンで開催され、最優秀選手にレアル・マドリーに所属するクロアチア代表の司令塔、ルカ・モドリッチが選出された。

       今月3日の時点で、候補がクリスチアーノ・ロナウド、モハメド・サラーを含めた3名に絞られていた同賞だが、最終的にモドリッチが初の栄冠を手にした。

       昨シーズンにレアル・マドリーで前人未到の欧州3連覇の原動力となったモドリッチは、先のロシア・ワールドカップでも母国クロアチア代表を史上初の決勝戦まで導き、自身は大会MVPにも選出されるなど、今回は受賞候補の筆頭と見る者も多かった。

       クラブと代表の両方で功労者となったモドリッチはセレモニーに登壇。そこで受賞の喜びを薄っすらと涙を浮かべながら語った。

      「とても光栄です。晴れやかな気持ちのなかで、この賞を手に出来たことを嬉しく思う。同時に偉大なシーズンを送ったサラーとクリスチアーノにも賛辞を贈りたい。彼らがこの賞を手にしていてもおかしくはなかった。

       この賞は僕だけのものじゃない。レアル・マドリーとクロアチアの全てのチームメイトのもので、彼らの素晴らしいサポートのおかげだと思っている。それから愛をくれたファンにも感謝したい……。全ての献身性と努力が実って夢が実現したんだ」

      「FIFAバロンドール」と銘打っていた時代を含め、2008年から10年間に渡ってC・ロナウドとリオネル・メッシが手にし続けてきた同賞。一部では、「もはや二人のどちらかのモノだ」などと揶揄されていたが、ついにその“2強時代”に終止符が打たれることとなった。

      9/25(火) 5:03 サッカーダイジェスト
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180925-00047727-sdigestw-socc

      引用元: ・【サッカー】<モドリッチ>FIFA年間最優秀選手に! C・ロナウド、メッシの“2強時代”に終止符...「夢が実現した…」

      【【サッカー】<モドリッチ>FIFA年間最優秀選手に! C・ロナウド、メッシの“2強時代”に終止符...「夢が実現した…」 】の続きを読む

      このページのトップヘ