芸スポ速報+

      1:  2018/08/22(水) 16:14:11.21 ID:CAP_USER9
       中日が21日、今秋のドラフト会議で大阪桐蔭高の根尾昂遊撃手(18)を1位指名することが確実となった。
      大阪桐蔭は、第100回全国高校野球選手権大会決勝で、金足農(秋田)に13-2で勝ち、史上初2度目の春夏連覇を達成。
      根尾は5回に今大会3本目の2点本塁打を放ち、優勝に貢献した。
      中日は高校通算30本塁打の強打と最速148キロを計測する強肩を高く評価。
      岐阜県飛騨市出身の地元出身でもあるスター候補生の獲得に狙いを定めた。

       地元出身、そして甲子園のスターを放っておくわけにはいかない。
      中日がこの日までに、今秋のドラフト会議で根尾を1位指名することを内定。
      大阪桐蔭の2度目の春夏連覇で幕を閉じたこの日、取材に応じた西山和夫球団代表は
      「誰とは言わないが、方針は決まっている」と明言こそしなかったが、根尾の最上位指名が有力となった。

       というのも、早くから根尾を1位の筆頭候補に挙げていた。
      西山球団代表はかねて「力が同じなら地元優先」と話しており、根尾は岐阜県飛騨市出身。
      異例の徹底マークも続けてきた。甲子園では初戦の作新学院戦に続き、2回戦の沖学園戦も
      松永幸男編成部長を含むスカウト全12人態勢で視察。
      例年は初戦のみで後にするだけに、1大会2度目の視察は高い評価の表れだった。

       根尾は177センチと大柄ではないが、最速148キロの強肩、高校通算30本塁打の長打力に、50メートル走6秒1の俊足。
      中学時代にスキーで日本一となった強靱(きょうじん)な足腰を生かした遊撃の守備にも定評がある。
      持ち前の高い身体能力を生かし、甲子園でも好守を連発。投攻守で優勝に大きく貢献した。
      今年打ち出した地元重視のチーム方針にも合致し、知名度を考えれば営業面でも大きな期待ができる。

      中日スポーツ
      http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201808/CK2018082202000117.html

      引用元: ・【野球】中日ドラゴンズ、大阪桐蔭・根尾をドラフト1位指名 地元・岐阜県飛騨市出身

      【【野球】中日ドラゴンズ、大阪桐蔭・根尾をドラフト1位指名 地元・岐阜県飛騨市出身 】の続きを読む

      1: 2018/08/29(水) 18:39:01.38 ID:CAP_USER9
       体操女子で16年リオデジャネイロ五輪代表の宮川紗江(18)が29日、宮川への暴力により速見佑斗コーチ(34)に日本協会が科した
      無期限登録抹消などの処分に疑義を示した問題で会見を開いた。冒頭のあいさつで、宮川は日本協会の幹部からパワハラを受けていたと主張した。

       速見コーチが処分を受ける前の7月中旬、日本協会の塚原千恵子・女子強化本部長、夫で日本協会副会長の塚原光男氏に呼び出され、
      「(速見コーチに)暴力の話が出ている。認めないと厳しい状況になる。あのコーチはダメ。だからあなたは伸びない。私なら速見コーチの
      100倍教えられる」などと言われたという。

       暴力行為の証言を求められたが、「私は証言しません。ずっと前から目標に向けて計画を立てて頑張ってきた。自分の考えを言える先生ですと
      主張した。家族も先生を信頼して一緒にやっていくと言ったところ、家族でどうかしている、宗教みたいだと高圧的に言われた。
      五輪に出られなくなると言われた。家族もコーチも否定され、おかしくなってしまいそうだった」と明かした。

       他に塚原夫妻に関わりが深い朝日生命への移籍を勧められたこともあったという。速見コーチから1年以上前に頭を叩かれるなどを暴力は
      あったことを認め、「コーチが暴力をしてしまったことは許されることではなかったと理解している」とした宮川は、
      「協会から今までパワハラを受けたという風に感じている。すごく怖かったし、このままつぶされてしまうのではないかということで、
      周りにも相談した」と話した。

      スポニチ
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00000137-spnannex-spo
      https://amd.c.yimg.jp/im_siggeTfjsPJPQQuoixjv64WaXg---x900-y812-q90-exp3h-pril/amd/20180829-00000137-spnannex-000-3-view.jpg

      ※前スレ
      http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1535533062/

      引用元: ・【体操】宮川紗江 協会からのパワハラを主張「五輪に出られなくなると言われた。家族もコーチも否定され…」★3

      【【体操】宮川紗江 協会からのパワハラを主張「五輪に出られなくなると言われた。家族もコーチも否定され…」★3 】の続きを読む

      1:  2018/08/27(月) 15:26:10.74 ID:CAP_USER9
       第12回U18アジア選手権(9月3日開幕・宮崎)に出場する侍ジャパン高校代表合宿第3日が27日、都内近郊のグラウンドで行われた。

       この日は実戦感覚を養うため、立教大との練習試合。7イニング制で行われた試合は0-1の五回、大阪桐蔭・中川(3年)の2点適時打などで3点を奪い逆転。浦和学院・渡辺(3年)から7投手の継投で、3-1で勝利した。

       六回は大阪桐蔭・根尾が三者凡退、七回は大阪桐蔭・柿木が3者連続三振で締めた。金足農・吉田の登板はなく、一塁ベースコーチを務めた。

       スタメンは以下の通り。

       1番・遊撃 小園(報徳学園)

       2番・左翼 峯(創成館)

       3番・三塁 中川(大阪桐蔭)

       4番・中堅 藤原(大阪桐蔭)

       5番・右翼 蛭間(浦和学院)

       6番・DH 野尻(木更津総合)

       7番・二塁 奈良間(常葉大菊川)

       8番・捕手 小泉(大阪桐蔭)

       9番・一塁 日置(日大三)

          投手 渡辺(浦和学院)

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000061-dal-base

      引用元: ・【野球】 U18高校日本代表 立大相手に初実戦初勝利 大阪桐蔭・根尾、柿木も登板

      【【野球】 U18高校日本代表 立大相手に初実戦初勝利 大阪桐蔭・根尾、柿木も登板 】の続きを読む

      このページのトップヘ