芸スポ速報+

      1: 2018/12/07(金) 15:33:27.93 ID:CAP_USER9
      2018年の「M-1グランプリ」放送後に発生した、とろサーモン久保田かずのぶさん(39)とスーパーマラドーナの武智さん(40)による、上沼恵美子さん(63)への暴言問題について、「久保田ばかりがたたかれていて良くない」との声がネット上で上がっている。

       12月2日にM-1に出場し、予選で7位となった武智さんは、番組出演後にインスタグラムでライブ配信を実施。この放送に、昨年のM-1でグランプリを獲得した久保田さんが泥酔状態で出演。2人は名指しこそしなかったものの、動画の中で上沼さんを批判した。

      ■泥酔していたのは久保田さんだったが...

       火を切ったのは久保田さんで、「酔ってるからってのを理由にして言いますけど、そろそろやめてください。自分目線の感情だけで審査しないでください」とバッサリ。続けて、「お前だよ、分かるやろ。1番右側のな、クソが」「クソみたいなやつが審査してさ......」と、上沼さんを批判した。

       続けて武智さんが、「右のオバハンには、みんなうんざりですよ」「自分が売れるために審査員するんやったら、やめてほしいですよね」と上沼さんを非難。加えて、「更年期(障害)かと思いますよね」との暴言も飛び出していた。

       これらの心ない発言だが、中でも悪質との声が強いのは武智さんの「更年期かと思いますよね」だろう。この暴言はほかの暴言よりも性差別的意味が際立っているからだ。そもそも問題のインスタライブも、武智さんのアカウントで行われている。

       ところが、今回の騒動でクローズアップされているのは、知名度の高さもあってか、主に久保田さんのほうだ。

      メディアでは「久保田騒動」とも

       たとえばメディア(以下、いずれもウェブ版)などでも、

        「とろサーモン久保田さんら謝罪 上沼恵美子さんへの暴言」(朝日新聞)
        「山里亮太「飲んだらやるな」とろサーモン久保田叱責」(日刊スポーツ)
        「今田耕司、とろサーモン久保田の暴言で上沼に謝罪「怒っておきます」」(マイナビニュース)
        「とろサーモン久保田騒動で吉本、急遽、若手芸人向けコンプライアンス研修実施か」(ビジネスジャーナル)

      などなど、久保田さん一人を見出しに取るところが少なくない。

       このため、ネット上では「とろサーモン久保田ばかり言われてるけど武智のほうが酷い」「武智より久保田ばかり取り上げられてる」など、より批判されるべきは武智さんとの声が続々。ほかにも、報道に使われている写真が久保田さんの方が多いとして、「久保田ばかりが目立ってて良くない」とする指摘も上がっている。

       拡大するばかりで終息の兆しが見えない今回の騒動。上沼さんは現在、テレビ・ラジオ併せて4本のレギュラー番組を抱えており、週末には上沼さんが出演する番組が相次ぐが(金曜夜の「快傑えみちゃんねる」、日曜昼の「上沼・高田のクギズケ!」)、暴言問題について話すのはどの番組が初となるか。

      12/7(金) 14:48配信
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000002-jct-ent

      引用元: ・【芸能】<上沼恵美子さんへの暴言問題>「主犯」はスーパーマラドーナ武智なのに...とろサーモン久保田は「叩かれすぎ」

      【【芸能】<上沼恵美子さんへの暴言問題>「主犯」はスーパーマラドーナ武智なのに...とろサーモン久保田は「叩かれすぎ」 】の続きを読む

      1:  2018/12/07(金) 19:57:12.67 ID:CAP_USER9
      12月2日放送の『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)で審査員を務めた上沼恵美子(63)に対し、
      お笑いコンビ・とろサーモンの久保田かずのぶ(39)と、決勝で漫才を披露したスーパーマラドーナの武智(40)が暴言を吐いたことが、物議を醸している。

      事の発端は『M-1』終了後に生配信された久保田と武智によるインスタライブ。『M-1グランプリ2017』の覇者である久保田は、
      酔っ払った口調で「自分の感情だけで審査せんとってください」「おまえだよ、右側のな。クソが」とテーブルの足を蹴りながら激怒。インスタライブを撮影していた武智も、
      久保田の発言に便乗するように、「右のオバハンや、右のオバハンにはみんなうんざりしている」「更年期障害かって思いますよね」とコメント。
      名前こそ出さなかったものの、当日の大会で審査員席の向かって一番右側に座っていた上沼恵美子の審査を批判した。

      「スーパーマラドーナにとって今年の大会はラストイヤーでした。隣人から殺されそうになってしまうというネタで、相方の田中(41)の不気味さをうまく活かした漫才だったのですが、思うように点数が伸びず、全10組中7位という結果に
      。89点をつけた上沼は、“入るときは、面白いなぁ、どんな展開になるんやってドキドキした”と褒めつつも、後半の展開に関して“悪いけど、ぶしゃ~っとした”としらけてしまったと評価したんです。
      そのときの武智は、かなり険しい顔で上沼を見つめていたんです。このときから鬱憤が溜まっていたんでしょうか」(芸能記者)

      久保田&武智は4日にツイッターで上沼に謝罪。

      さらに武智は7日になんばグランド花月での通常公演に出演し、登場直後に「お騒がせして申し訳ありませんでした」と観客に向けて再び謝罪した。

      「この騒動を受けて、上沼さんと同じく『M-1』審査員を務めたオール巨人さん(67)や司会を務めた今田耕司さん(52)をはじめ、
      多くの芸人が苦言を呈したり、公の場で謝罪するなど対応に追われています。ただ、事態はそう簡単には収らないようです」

      そう話すのは関西を中心に活動する放送作家。

      「スーマラは関西ローカルの上沼さんの番組にもよく出演しています。実は、9日放送の上沼さんと高田純次さん(71)の冠番組『気になる情報のウラのウラ 上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)にも、
      2人は出演することになっていたんです。ですがこの騒動が起こり、スーマラの出演はなくなったんです。当然、上沼さんが激怒してスーマラを追放したと考えざるを得ません」(前出の放送作家)

      12月9日放送分の『クギズケ!』の番組収録は12月8日。

      「8日の収録で上沼さんは、今回の件に対して、初めてじっくりと今の自分の思いを語るそうです」(前同)

      関西お笑い界の重鎮がこの騒動について何を語るのか? 9日の放送に注目が集まりそうだ。

      http://dailynewsonline.jp/article/1601004/
      2018.12.07 18:00 日刊大衆

      引用元: ・【芸能】上沼恵美子「大激怒」で、スーパーマラドーナをMC番組から追放していた!

      【【芸能】上沼恵美子「大激怒」で、スーパーマラドーナをMC番組から追放していた! 】の続きを読む

      このページのトップヘ