芸スポ速報+

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:  2019/08/15(木) 18:01:59.91 ID:ny3hUytK9
      熱戦が続く令和初の夏の甲子園。そこに高校野球史上最速投手、大船渡・佐々木朗希の姿は見られない。

      甲子園まであと1勝と迫った岩手大会の決勝で、登板はおろか、打者としても出場させなかった国保陽平監督の采配にはいまだに賛否両論が尽きないが、
      確実に言えるのは、高校野球の長い歴史の中で、これほど故障を避けるよう大切に育てられたスーパーエースはいなかったということだろう。

      高校時代に過去に例を見ない成長過程を送った投手として、これからの佐々木投手の成長に大いに注目したい。

      「日本野球史上最高の投手になるのでは」との評も、163キロという球速だけでなく、190センチを超えてなお成長する類まれな体格、
      ダイナミックかつ美しい投球フォーム、そして多様な鋭い変化球を操る野球センスの良さを見れば、決して過剰な期待でないのは明らかだからだ。

      大谷、ダルビッシュ、田中ら現役投手を超えるか?

      そうはいっても、「史上最高」となれば、ハードルはとてつもなく高い。

      大谷翔平、ダルビッシュ有、田中将大といった現役の大投手のみならず、歴史上の名投手をも超えていかなければならないからだ。

      例えば、昭和48年の選抜に、いまなお怪物と呼ばれ続ける伝説的投手が登場した。

      作新学院の江川卓だ。

      私が初めて佐々木の投球フォームを見たときに感じたのは、<江川に似ている>というものだった。

      周囲から頭ひとつ抜けた長身、左足を顔に届くほど高く上げ、そこからスムーズに体重移動していき、力むことなく鞭のように右腕が出ていく。
      ほとんど全力投球せず、8割程度の力で投げているように見えるのも共通だった。

      では、高校時代で比較して、江川と佐々木、どちらが優れているだろうか。

      バットに当てることすらできない投手!?

      江川は、3年の春と夏の2度甲子園に出場している。その際の日本中の注目と熱狂は、私の知る限り、甲子園史上最高のものだった。

      栃木県に規格外の投手がいる。点をとることはおろか、バットに当てるのすら至難の業で、三振の山を築いている――。
      その噂は野球ファンの間に流れてはいたが、令和の現代のように、テレビやネットで簡単に実際の投球を見ることはできなかった。

      多くの人がその目で怪物・江川を目撃するには、昭和48年、作新学院3年になった江川が春の選抜にたどり着くのを待たねばならなかった。

      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190815-00840383-number-base
      8/15(木) 11:51配信

      引用元: ・【野球】高校野球史上最高の投手なのか……。佐々木朗希を江川卓と比較してみた。

      【【野球】高校野球史上最高の投手なのか……。佐々木朗希を江川卓と比較してみた。 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:  2019/08/17(土) 13:42:51.10 ID:7mn4+EwT9
      8月17日(土)第11日 3回戦

      星稜(石川) 4-1 智弁和歌山(和歌山)

      智弁和歌山 00000100000000-1
        星稜    00010000000003-4

      【投手】
      智弁和歌山:小林→矢田→池田
      星稜:奥川

      【本塁打】
      星稜:福本

      https://vk.sportsbull.jp/koshien/text_sokuhou/2019081766.html

      引用元: ・【高校野球】3回戦 星稜4-1智弁和歌山 星稜が延長十四回、福本のサヨナラ3ランで24年ぶり準々決勝進出 奥川が3安打23奪三振完投勝利

      【【高校野球】3回戦 星稜4-1智弁和歌山 星稜が延長十四回、福本のサヨナラ3ランで24年ぶり準々決勝進出 奥川が3安打23奪三振完投勝利 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:  2018/12/23(日) 17:04:33.36 ID:CAP_USER9
       「レスリング・全日本選手権」(23日、駒沢体育館)

       女子57キロ級決勝が行われ、五輪4連覇の伊調馨(34)=ALSOK=が、リオデジャネイロ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子(24)=ジャパンビバレッジ=を試合終了間際に2ポイントを奪う3-2での逆転勝利を収め、3年ぶり13度目の優勝を果たした。

       第1ピリオドで1点を先行され、さらに第2ピリオドではアクティビティータイムを守り切られて1失点で2点をリードされ窮地に追い込まれた。ここからアクティビティータイムを守り切り1点を返したが、なおも劣勢で残り30秒を切った。万事休すかと思われた試合終了間際に、相手の右足をとりバックをとって2ポイントを奪取。そのまま逃げ切って逆転優勝を収めた。

       試合後の優勝インタビューには「厳しい戦いになるっていうのは分かってたんですけど、最後に取れてよかったです。久々の緊張感の中でたくさんの方に楽しんでレスリングをやれってアドバイスをいただいて、のびのびやろうと思ってマットに上がりました」と振り返った。東京五輪へ向けては、「まだまだ自分の中では伸びしろがあるというか、上げていけると思っているので、また、今日の課題を生かして頑張りたいと思います」と語った。「まずは今日の戦いの反省をしっかりして、6月(の全日本選抜選手権)に向けてどんどん上げていきたいなと思いますし、その先に東京オリンピックが見えてくるといいなと思います」とかみしめるように語った。

       2人は1次リーグの初戦でも対戦し、両者攻め合わずに技のポイントがないまま、川井梨が2-1で勝利。伊調にとっては17年ぶりの国内での敗戦となった。その後、頂上決戦での再戦が決まり、伊調は「自分から展開をつくって、明治杯(全日本選抜選手権)に向けてたくさん収穫があればいい」とコメントしていた。

       10月に2年ぶりに実戦復帰した伊調は、23日に日本協会を通じて発表したコメントで「五輪に向けての本当の復帰戦としてこの全日本選手権があった。自分の中でもっと(状態を)上げたいという気持ちがある。ここからが本当の勝負の時だと思います」と、前人未到の5連覇が懸かる東京五輪挑戦を明言した。

       来年6月の全日本選抜選手権でも優勝すれば19年世界選手権代表に決まり、世界選手権でメダルを獲得すれば2020年東京五輪代表に内定する。

       ◆レスリングの東京五輪への道

       全日本選手権と来年6月の全日本選抜選手権で優勝した選手が19年世界選手権代表に決まる。両大会で優勝者が異なる場合は代表選考プレーオフが行われる。世界選手権でメダルを獲得した選手は東京五輪代表に内定する。


      12/23(日) 16:39配信 デイリースポーツ
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181223-00000074-dal-spo

      引用元: ・【レスリング】伊調馨、終了間際に逆転!3年ぶり復活V「まだまだ伸びしろある」 川井梨紗子に雪辱

      【【レスリング】伊調馨、終了間際に逆転!3年ぶり復活V「まだまだ伸びしろある」 川井梨紗子に雪辱 】の続きを読む

      このページのトップヘ