芸スポ速報+

      1:  2017/10/09(月) 08:01:29.07 ID:CAP_USER9
      10月2日に放送された『なるみ・岡村の過ぎるTV』(朝日放送)で、ナインティナインの岡村隆史(47)が「大阪人の好きな刺身」について異論を唱える場面があった。

       この番組は日本全国から集まった「○○過ぎる人」「○○過ぎる店」「○○過ぎるモノ」など、世の中の常識を逸するモノや人を紹介するバラエティ番組で、今回は秋のグルメスペシャル。

       大阪の街頭で「思わず“白ごはんください”と言ってしまう料理」について100人にインタビューしたところ、1位が餃子、2位が焼肉、3位が豚のしょうが焼きという結果に。これをスタジオで見ていた岡村はアンケート結果に納得しつつも、MCを務めるタレントのなるみ(45)に「ほんまはお刺身が好きで。お寿司よりもホンマは、炊きたてのごはんとお刺身」と熱弁。

      かねてから岡村の刺身好きを知っているなるみが「お寿司屋さんで、ホンマやったら酢飯じゃなくて白ごはんが欲しいんやろ?」と助け舟を出すと、「炊きたてのあったかいやつで食べたいの、ホンマは」と答え、自分にとっての“白飯が進み過ぎるメニュー”第1位は「お刺身」としみじみ語った。

       すると、偶然にも次のテーマが「大阪人100人に聞いた、好きなお刺身BIG3」というもの。刺身好きの岡村は、はりきって予想し、「マグロ、ハマチ、サーモン」と回答。なるみは「マグロ、ハマチ、えび」と回答。岡村は「サーモンはもう今、なんかあったらサーモンです!」と自信満々。

       なるみが「男の人はサーモン好きなイメージあんまりないんやけど」というと、岡村は「そうなんですよ」と認めつつも「でもスーパー寄るじゃないですか。お刺身とか見たら、マグロ、ハマチ、サーモン、その3種類入ってるの、ようありません?」と力説。他にもアジやカツオもいいよねという話になり、二人は悩みに悩み、岡村は考えを変えず、なるみはえびを「とり刺し」に変えてファイナルアンサーとした。

       しかし、街頭インタビューの結果は1位サーモン、2位マグロ、3位イカ。4位がカンパチ、5位がタイ、6位がハマチの結果になった。このアンケート結果に岡村は「イカ……?」と愕然。「ホンマかコレ? BIG3やで? 変な聞き方したやろこれ!」と納得がいかない様子を見せ、「お刺身のBIG3でイカ入るかこれ、イカはないわ~」と嘆いていた。

      「この番組は2013年から始まったのですが、深夜時間帯ながら視聴率が高く、時に10%を超えたこともあります。岡村の微妙なこだわりを、なるみがたしなめる、といった構図がお決まりなんですが、関西での収録でリラックスしているのか岡村のボヤきが面白いんですよね」(お笑いライター)

       岡村の“刺身愛”がよく伝わるこの日の『なるみ・岡村の過ぎるTV』。10月9日の放送ではゲストにビートたけし(70)が登場する。

      2017年10月08日 19時00分 公開
      https://taishu.jp/detail/29776/
      no title

      【【テレビ】<ナイナイ岡村隆史>「イカはないわ~」“大阪人が好きな刺身”に苦言...1位サーモン、2位マグロ、3位イカ。 】の続きを読む

      1:  2017/10/06(金) 21:21:31.34 ID:CAP_USER9
      10月6日、日本対ニュージーランドの一戦が行われ2-1で勝利。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

      ■サバイバルの初戦を勝利

      【日本 2-1 ニュージーランド キリンチャレンジカップ2017】

      川島永嗣 5 失点はノーチャンスも、その後バタつく場面も

      長友佑都 5 守備の強さも見せたが、抑えきることはできなかった

      槙野智章 5 集中力は常に高かったが、相手のパワーに気圧された

      吉田麻也 5 フィードでチャンスを作るも、相手ストライカーに上から決められた

      酒井宏樹 6 連係で守るプレーを体現。勝ち越しゴールをアシスト

      井手口陽介 6 ダイレクトパスで攻撃をスピードアップ。状況が見えているから適切な判断ができる

      山口蛍 5.5 PKを誘うミドルシュートも判断が遅れるシーンも散見

      香川真司 5.5 前半、落ち着いた動きからシュートもポストに嫌われた

      武藤嘉紀 5.5 果敢な突破など持ち味は見せたが決定機はなかった

      大迫勇也 6 シンプルなプレーで味方を活かすなど、存在感の大きさは感じさせた。PKでゴール

      久保裕也 5.5 裏抜けのスピードで相手を置き去りにした

      小林祐希 6.5 落ち着き払ったプレーでリズムを作る。彼のところにボールが集まった

      杉本健勇 5.5 ゴールが欲しい時間での投入だったが、インパクトは残せず

      乾貴士 6.5 キレのあるドリブルを披露。相手守備陣を翻弄した

      浅野拓磨 5.5 走り回って相手を翻弄。できることはやった

      倉田秋 6 低いボールを頭で合わせ、代表初ゴールを奪った

      遠藤航 – 出場時間短く採点不可

      ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 5.5 主力以外にも出場機会を与えた。レフェリーのジャッジに怒りを示す場面も

      10/6(金) 21:15配信 
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171006-00234510-footballc-socc
      no title

      【【サッカー】<どこよりも早い採点>ニュージーランド戦、勝利も収穫は少なく。乾貴士と小林祐希が好アピール 】の続きを読む

      1:  2017/10/07(土) 13:21:54.33 ID:CAP_USER9
      英語圏出身の選手はゴンサレスのみ スペイン語圏でのコミュニケーションに苦戦

      パチューカの日本代表FW本田圭佑は、クラブの欧州遠征に参加中。現地9日にはオランダの強豪PSVと親善試合を行う。

      今季はリーグ戦で2ゴールを挙げている一方で、スタメン1回、出場時間わずか198分にとどまる厳しい状況。メキシコメディア「エル・ウニベルサル」は、言語面でのギャップに苦しんでいると報じている。

       記事では、今夏鳴り物入りで加入した本田のここまでについて言及。開幕前に肉離れを負ったことが、「ケイスケ・ホンダがパチューカで100%の状態になることを妨げている」と、序盤戦で出遅れた要因になったと触れている。

      ただ、それと同時に「トゥーソス(パチューカの愛称)に出場した試合で2ゴールを挙げており、日本人選手は上手くいっているように見えるが、彼の適応は複雑なものになっている」と記されている。

      「彼はチームメイトとほとんど話をしていない。その大きな障壁となっているのは言語の違いだ。英語の通訳者として彼を支えてくれるのはオマール・ゴンサレスで、その他の選手は“アンクルサムの言語(英語)”を使う選手はほぼいない」

       “外国籍”は米国出身のゴンサレスを除くと、コロンビア、ウルグアイ、アルゼンチン、チリという南米諸国のみ。本田は初めてのスペイン語圏で、コミュニケーションを取る難しさを感じているのかもしれない。

      「ホンダは彼の個人トレーナーとともに練習しているし、彼の国の規律によってチームを去ろうとしていない。ただトゥーソスでの適応には成功していない」ともされている。

      これまでの環境とは全く違うところで戦う本田。バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表復帰も含め、メキシコでの順応を果たしてチームの主力となれるだろうか。

      10/7(土) 12:40配信 フットボールZONE
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171007-00010010-soccermzw-socc

      写真
      https://amd.c.yimg.jp/amd/20171007-00010010-soccermzw-000-1-view.jpg

      【サッカー】<本田圭佑>CKで得点に関与!欧州遠征でアピール
      http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1507243114/

      【サッカー】<代表落ちの本田圭佑>このまま“終わって”しまうのか?きっと逆転プランを考え、復活へのシナリオを描いているはず...
      http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1507246755/
      no title

      【【サッカー】<パチューカ本田>言語面での適応に苦戦...地元メディア「チームメイトとほとんど話していない」 】の続きを読む

      このページのトップヘ