ニュース速報

      1: 名無しさん@涙目です。(SB-iPhone) [KR] 2017/11/17(金) 09:50:07.77 ID:Z8nNTRDQ0 BE:218927532-PLT(12121) ポイント特典
      sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
      中学高校の先輩・後輩でもある、山尾志桜里氏と望月衣塑子記者が対談した

      女性議員への「永田町界隈の常識を変えること」が必要だと山尾氏

      望月記者も女性議員への執拗な追及など報道のあり方は見直されるべきとした
      http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/13902657/

      山尾
      もし私生活まで土足で入られることをここで私が認めたら、後に続く女性政治家が現れません。
      先進国の中でも日本の国会に女性議員が極端に少ないのは、そういう理由があるのではないでしょうか。

      望月
      常々思うのですが、稲田朋美さんの防衛省の日報問題や蓮舫さんの二重国籍問題でも、男性記者は明らかに言葉の強い厳しい質問を繰り返していました。
      記者だけでなく男性議員のなかにも女性議員を執拗に追及したいという気持ちが蔓延しているように感じます。
      ニュースであれだけ異様に取り上げることもリンチにしか見えず、女性議員に対する報道のあり方は見直されるべきです。

      モリカケ問題はスキャンダルよりもっと重要な国家レベルの問題じゃないですか。山尾さんや稲田さんを執拗に追及してきた男性記者の半分でもいいので、
      官房長官の定例会見に出て、女性議員を追及するのと同じ熱量で厳しく追及してはどうかと思います。

      http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13902657/

      引用元: ・【まんこ脳】山尾&望月記者が意気投合 「女議員へ執拗な追求はするな」

      【【まんこ脳】山尾&望月記者が意気投合 「女議員へ執拗な追求はするな」 】の続きを読む

      1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/11/15(水) 16:58:45.03 ID:Ql6S3W3p0● BE:264168779-2BP(2000)
      sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
       山尾志桜里衆院議員(43)、倉持麟太郎弁護士(34)の2人が1泊2日で大阪出張していたことが「週刊文春」の取材によって明らかになった。

       11月12日、2人は、彼らの後見役を自任する漫画家・小林よしのり氏が主催する言論イベント「関西ゴー宣道場」に参加。イベントでは、倉持氏が「日本で最も有名な弁護士です」と紹介され山尾氏が爆笑するなど、終始、和気藹々とした雰囲気だった。

      https://www.excite.co.jp/News/society_g/20171115/Bunshun_4947.html

      引用元: ・山尾志桜里衆院議員が倉持弁護士と1泊2日の大阪出張

      【山尾志桜里衆院議員が倉持弁護士と1泊2日の大阪出張 】の続きを読む

      1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [US] 2017/11/17(金) 19:24:44.48 ID:05CDxtvn0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
      sssp://img.5ch.net/premium/1372836.gif
      民放連会長は「電波オークション」に反対「公共性」「ライフラインとしての自負」

       日本民間放送連盟(民放連)の井上弘会長は17日の定例会見で、政府の規制改革推進会議で議論が進められている、
      電波の周波数帯の利用権を競争入札にかける「電波オークション」導入について、
      「われわれは多かれ少なかれ公共性を担っており、金額の多寡で決まる制度には反対する」と批判した。

       その上で、「われわれへの批判はあると思うが、公平性を保ち、ライフラインとしてやってきた自負がある」とも語った。

      http://www.sankei.com/entertainments/news/171117/ent1711170017-n1.html


      引用元: ・民放連「電波オークションに反対!我々には公平性を保ちライフラインとしてやってきた自負がある!」

      【民放連「電波オークションに反対!我々には公平性を保ちライフラインとしてやってきた自負がある!」 】の続きを読む

      このページのトップヘ