ニュース速報+

      1:  2017/10/07(土) 22:53:39.15 ID:CAP_USER9
      産経ニュース2017.10.7 20:13更新
      http://www.sankei.com/politics/news/171007/plt1710070091-n1.html

       安倍晋三首相(自民党総裁)の街頭演説へのヤジや妨害が相次いでいる。自民党は組織的に演説の妨害を計画するグループへの警戒から、演説日程を直前まで公表しない異例の対応を取っているが、演説を聞きに行きたい支持者の気持ちは複雑だ。

       「安倍やめろ!」

       7日午後、千葉県のJR柏駅前で首相が演説を始めると「お前が国難」などと書かれたプラカードを手にした男女約20人が、首相に向けて一斉に声を張り上げた。声は首相が演説する間、続いた。

       この前日、安倍政権に批判的とみられる人たちのツイッターでは「明日は柏14時らしいね」などと非公表の演説日程が飛び交っていた。

       9月28日の衆院解散から10月7日まで、党本部が事前公表したのは京都など3府県の演説日程だけ。党本部は「急に決まり、公表できなかった」と説明するが、反対派グループによる妨害行為への警戒や警備上の観点から箝口(かんこう)令が敷かれているようだ。

       5日に川崎市内で行った街頭演説は、地元の候補者の事務所が日程を公表し、情報が広がったため、当日になって急遽(きゅうきょ)、小田急新百合ケ丘駅前から向ケ丘遊園駅前に場所が変更された。

      1がたった日時:2017/10/07(土) 20:36:16.88
      前スレ:【衆院選】安倍晋三首相の遊説にヤジや妨害相次ぐ 非公表のはずが…ツイッターで飛び交う日程 ★2
      https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507376176/
      no title

      【【衆院選】安倍晋三首相の遊説にヤジや妨害相次ぐ 非公表のはずが…ツイッターで飛び交う日程 ★2 】の続きを読む

      1:  2017/10/07(土) 14:33:57.50 ID:CAP_USER9
      希望の党公約の内部留保課税は「二重課税」 麻生太郎財務相
      2017.10.6 13:12
      http://www.sankei.com/politics/news/171006/plt1710060073-n1.html

       麻生太郎財務相は6日の閣議後の記者会見で、希望の党が選挙公約に掲げた企業の内部留保への課税について、「内部留保は税金を払った後のお金で、(さらに税を課すと)二重課税になる」との認識を示した。
       ただ麻生氏は、内部留保が大きく積み上がり、現預金の比率が高いことを問題視。「金利のつかない金を貯めて何をするのか。給与や設備投資に回したらどうか」と指摘した。
       麻生氏は合わせて、ペンス米副大統領との日米経済対話の第2回会合を16日に米ワシントンで開催すると発表した。「国益を守りながら、経済関係をいっそう深めていけるよう建設的な議論をしたい」と語った。
       経済対話は4月に東京で初会合を開催して以来となる。経済対話は4月に東京で初会合を開いて以来。11月のトランプ米大統領の来日を前に、経済分野の懸案を話し合う。
       冷凍牛肉を対象に日本政府が発動した緊急輸入制限(セーフガード)も議題に上がる見通し。麻生氏は、「運用を変えるだけで、今起きている問題は避けられる」と述べ、制度改正は必要ないとの考えを示した。
      no title

      【【総選挙】希望の党公約の内部留保課税は「二重課税」 麻生太郎財務相 】の続きを読む

      1:  2017/10/07(土) 18:15:25.92 ID:CAP_USER9
       神奈川県大磯町立中学校の給食から異物が相次いで見つかり、大量の食べ残しが出ていた問題で、町は委託業者との契約を解除する方針を決めた。

       批判を受けての対応だが、給食が始まった当初から1年以上続いた事態に、専門家からは町の業者任せの対応や危機管理の甘さを問う声が上がっている。

      ◆コスト優先

       町が給食を始めたのは昨年1月。共働き世帯の増加などを背景に、保護者も約8割が給食に賛成していた。多くの保護者は校内で調理する「自校型」を希望したが、施設整備などに約4億5000万円かかると試算され断念。早期導入を目指した町は、製造や配送を業者に委ねることで初期費用が約1500万円で済む「配達弁当型」を採用した。

       コスト削減を優先した給食は、20キロ以上離れた製造工場から配送されるため、料理を適温で提供できなかった。カロリーや栄養バランスに配慮した献立も、生徒から「味が薄い」「見た目が悪い」と不評。髪の毛が見つかるなどのトラブルも相次ぎ、多い時には半分以上が食べ残された。

      (ここまで432文字 / 残り590文字)

      2017年10月07日 15時00分
      YOMIURI ONLINE 全文は会員登録をしてお読みいただけます
      http://www.yomiuri.co.jp/national/20171007-OYT1T50058.html

      関連スレ
      【神奈川】大磯町「まずい給食」業者との契約、満了前に解除へ 違約金の問題があるが10月中に結論
      http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1506560357/
      no title

      【【神奈川】大磯町 「まずい給食」業者との契約解除へ…批判受け 】の続きを読む

      このページのトップヘ