2017年12月

      1: 2017/12/28(木) 13:33:07.99 ID:CAP_USER9
      相撲協会 貴乃花親方に理事の辞任を勧告
      12月28日 13時29分 NHKニュース
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171228/k10011274111000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

      日本相撲協会は28日、臨時の理事会を開き理事で巡業部長を務める貴乃花親方に理事の辞任を勧告しました。
      貴乃花親方は元横綱 日馬富士の傷害事件をめぐる問題で警察に被害届を出しながら、事案を相撲協会に報告せず、その後も今月25日に聞き取りを受けるまで調査への協力を拒んでいました。

      関係者によりますと相撲協会は28日開かれた臨時の理事会で、貴乃花親方に巡業部長や理事としての責任を問い理事辞任を勧告したということです。

      理事会は理事の解任の権限を持つ評議員会に、貴乃花親方の理事解任を提案することになりました。

      引用元: ・【相撲】相撲協会 貴乃花親方に理事の辞任を勧告[17/12/28]

      【【相撲】相撲協会 貴乃花親方に理事の辞任を勧告[17/12/28] 】の続きを読む

      1:  2017/12/28(木) 14:05:07.26 ID:CAP_USER9
      貴乃花親方への処分理由「義務を怠った」協会が説明
      12/28(木) 13:55配信
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00088028-nksports-fight
      no title

      臨時の理事会を終え会見で厳しい表情を見せる八角理事長(撮影・小沢裕)

       日本相撲協会は28日、東京・両国国技館で記者会見を開き、貴乃花親方(元横綱)への処分に至った経緯を説明した。
      会見に先立って行われた臨時理事会では、貴乃花親方への理事解任と2階級降格を決議。午後1時半から行われた記者会見では、
      「本件に関する貴乃花親方の責任について」と題した5ページにわたる文書を報道陣に配布して、責任の所在を明らかにした。

       会見に出席した危機管理委員会の高野委員長は
      「結論ですが、本件の傷害事件は巡業部長である親方が統率する巡業中に発生した事件であります。親方は理事・巡業部長として、
      貴ノ岩がけがをしたと、把握した直後に、あるいは被害届を提出する前、後に、すみやかに協会に報告すべき義務があったにもかかわらず、これを怠りました。
      親方が、被害者側の立場にあることは明らかであり、これを勘案いたしましたが、理事・巡業部長としての責任は重いと判断しました」と説明した。

      引用元: ・【相撲協会説明】貴乃花親方への処分理由「義務を怠った」…すみやかに協会に報告すべき義務

      【【相撲協会説明】貴乃花親方への処分理由「義務を怠った」…すみやかに協会に報告すべき義務 】の続きを読む

      1:  2017/12/28(木) 14:13:38.77 ID:CAP_USER9
      貴乃花親方理事辞任勧告で相撲協会会見(随時更新)
      12月28日 14時07分 NHKニュース
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171228/k10011274171000.html?utm_int=news-sports_contents_list-items_001

      日本相撲協会の臨時の理事会は貴乃花親方について「降格」にあたる理事の辞任を勧告しましたが、貴乃花親方がこれを拒否したため、理事会は理事の解任の権限を持つ評議員会に貴乃花親方の理事解任を提案することを全会一致で決めました。日本相撲協会は28日、東京 両国の国技館で臨時の理事会を開いたあと、午後1時半から記者会見を行っています。会見の内容です。

      ◆相撲協会「理事・巡業部長としての責任重い」

      この中で相撲協会の危機管理委員会の高野利雄委員長は貴乃花親方の責任について、「本件の傷害事件は巡業部長である親方が統率する巡業中の事件であり親方は理事・巡業部長として、貴ノ岩のけがをした把握した直後、被害届の提出前や後に速やかに協会に報告する義務があったのに怠った。親方が被害者側にあることが明らかであり、勘案したが理事・巡業部長としての責任は重いと判断した」と述べました。

      また、高野委員長は会見の中で貴乃花親方が危機管理委員会による調査への協力を拒否していたことについて、「委員会による調査は、協会執行部の決定に基づくものであり、理事・巡業部長ないし協会員としては、調査に協力すべき義務があったにもかかわらず、貴乃花親方は正当な理由がないのに委員会による再三の聴取要請を拒否続けた」と述べました。

      さらに、「11月30日の協会の定例理事会において警察の捜査が終了したあとは貴ノ岩の聴取に協力すると確約し、さらに全会一致で日馬富士の暴行問題に関してすべての理事、監事、協会員などが結束して協力していくことを決議したにもかかわらず12月18日まで委員会による貴ノ岩らへの聴取要請も拒否してその義務を怠った。貴乃花親方が被害者側の立場にあることを勘案してもその責任は重い」と述べました。

      引用元: ・【相撲】相撲協会 貴乃花親方理事辞任勧告で相撲協会会見 貴乃花親方が辞任を拒否 評議員会に理事解任を提案 全会一致で[17/12/28]

      【【相撲】相撲協会 貴乃花親方理事辞任勧告で相撲協会会見 貴乃花親方が辞任を拒否 評議員会に理事解任を提案 全会一致で[17/12/28] 】の続きを読む

      このページのトップヘ