2017年12月

      1:  2017/12/01(金) 23:13:03.18 ID:CAP_USER9
      横綱日馬富士(33)の暴行事件で大揺れの大相撲界。問題解決を急ぐ相撲協会の前に立ちはだかり、愛弟子貴ノ岩(27)の事情聴取を拒否し続けている貴乃花親方(45)の特異な行動が注目を集めている。このままいけば大相撲界を追放される恐れも囁かれている。一歩も後に引かない強硬姿勢の胸の内とは――。

       平成29年の納めの九州場所(福岡国際センター)は、横綱白鵬が14日目に早々と40回目の優勝を決めた。休場明けにもかかわらず、日馬富士による暴行事件をめぐる大波乱を尻目に、若手顔負けの力強い相撲で締めくくっただけに喜びもひとしおだった。
       「(春場所を)休場したとき、後援会の方から、『30回優勝した人は3人いるが、40回は1人もいない』と言われ、体が熱くなった。達成してホッとしている」
       こう会心の笑みを浮かべていたが、土俵外でこの白鵬以上に存在感を見せつけたのが、今回の暴行事件の明らかな被害者である、貴ノ岩の師匠の貴乃花親方だ。

       しかし、一連の言動はまさに謎だらけで、理解するのは容易ではない。
       秋巡業中だった10月25日の夜、鳥取市内のラウンジで日馬富士が貴ノ岩の頭部を滅多打ちして大怪我をさせた、とされるこの事件。巡業の総責任者なのに相撲協会にはいっさい報告せず、4日後には鳥取県警に被害届を提出。その後は固く口を閉ざし、本心を語ろうとしない。連日の報道陣の突撃取材も、見事なまでに無視し続けている。
       聞きたいことはいっぱいある。どうして相撲協会の最初の事情聴取に、「知らない」と答えたのか。

       「(退院した初日の3日前の時点で)状態は安定しており、相撲を取ることを含めて仕事に支障はない」
       場所前、貴ノ岩が入院した福岡市内の病院の医師は、このように話しているのに、なぜ貴ノ岩を初日から休場させたのか。全休すれば、来場所の十両転落は避けられないのだが…。

       さらに、3日目に日馬富士の師匠である伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)が、「ほかの弟子もいる。場所中なので、(被害届を)取り下げてくれないか」と頭を下げて頼んだときも、「取り下げるつもりはない」と、クビを横に振った。
       「このままでは堂々巡りだから、第三者(弁護士)を立てなければいけないかもしれない」
       と、貴乃花親方は「法廷闘争も辞さず」の姿勢をのぞかせている。

       伊勢ケ浜親方は、去年3月の理事長選挙に際し、貴乃花親方を推した数少ない支援者の1人だ。それを、どうして恩を仇で返すようなことをするのか。貴乃花親方に近い関係者が語る。
       「貴乃花親方が怒っているのは確かです。でも、それは可愛い弟子をボコボコにした日馬富士だけじゃない。もっと大きなものと対峙し、この際、『徹底的にやってやる』と腹をくくっているんです」
       その怒りの矛先がどこに向けられているのか。ちらりと垣間見せたのが、九州場所11日目のことだった。

      http://npn.co.jp/sp/article/detail/61015890/

      2017/12/01(金) 12:28:29.32
      http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1512119965/

      引用元: ・【大相撲】<角界スクープ!>貴乃花親方が相撲協会「追放」へ ★3

      【【大相撲】<角界スクープ!>貴乃花親方が相撲協会「追放」へ ★3 】の続きを読む

      1:  2017/12/02(土) 07:57:39.64 ID:CAP_USER9
       横綱・日馬富士の平幕・貴ノ岩への暴行問題が発覚してから、「東京相撲記者クラブ会友」の肩書を持つ識者をほぼ毎日テレビで見る。

       その発言は、見識に裏打ちされた膝を打つものがある一方、インターネット上では日本相撲協会側に寄りすぎているのでは?と揶揄されることも少なくない。

      ■「お医者さんが公に仰っていただいても、ちっともおかしくないと思う」

       東京相撲記者クラブ会友の杉山邦博氏(87)は2017年11月27日の「ひるおび!」(TBS系)で、貴ノ岩が暴行を受けた後で病院にかかったことから、

        「お医者さんが具体的に『こういう裂傷だったからこんな措置をした、何針縫った。こういう感じでやりました』と公に仰っていただいても、ちっともおかしくないと思うんですが。そういう話が出て来ないのは何とも言いようがありません」

      と怪訝な表情で話した。だが、直後に弁護士の八代英輝氏が「お医者さんとしては、患者さんのプライバシーに関することなので、患者さんの許可がなければ治療内容を取材で話すのは難しいと思います」と指摘。杉山氏は「そうですか。困ったねえ」と不意をつかれたようだった。

       同会友の大見信昭氏(74)は15日の「スッキリ」(日本テレビ系)で、

        「ご覧の通り貴ノ岩はいかつい顔をしておりまして、説教しがいのある表情をしている」

      と発言。日馬富士についても「日本国籍を取得していない。モンゴル国籍で、引退したら親方になれず相撲界から出ていく。どこか腰かけ的な軽い思い」などと述べ、ツイッターで「偏見」「頓珍漢」などと批判が出た。

      「やろうとしているのは改革ではなく『革命』ですよ」

       暴行問題では、日本相撲協会執行部と、貴ノ岩の師匠・貴乃花親方との軋轢もクローズアップされているが、同会友らの言葉をめぐってはツイッターで「相撲協会寄りな意見にしか聞こえない」といった声も少なくなく、総じて貴乃花親方に否定的との指摘がある。

       同会友の原和男氏は22日の「深層NEWS」(BS日テレ)で、「改革派」とも言われる貴乃花親方について

        「改革する内容について、どれだけ自分が実務的に協会の組織で体験したか。残念ながら体験の日数も種目もごくわずかしかない。それで一体なぜ、本格的な問題点を改革しようと言えるのか、不思議ですよ」

      と疑問を呈した。

       「そういったものを表沙汰にするきっかけを貴乃花が作った、とすれば協会は揺さぶられますよ。でも揺さぶられながら、良い方向への体質改善も進むだろうという別の期待感も出た」と加えたが、「自分の弟子(貴ノ岩)の当事者に(協会危機管理委員会の聴取に)応じさせないのは、どう考えたってあり得ないし損な話です」とやはり貴乃花親方を批判した。

       27日の「スッキリ」(日本テレビ系)には同会友の銅谷志朗氏(73)が出演。「貴乃花親方にはポリシーがある。これが執行部と合わないことはあるかもしれません。今の執行部は伝統を守らないといけない。伝統を守るために改革もしないといけない」とした上で、

        「貴乃花親方も『改革』とよく言っています。でも今やろうとしているのは改革ではなく『革命』ですよ。そうでしょう。相撲協会という組織を飛び越えてやっています」

      と、その行動を批判した。

      つづく

      11/28(火) 18:36配信
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171128-00000009-jct-soci

      引用元: ・【大相撲】<「相撲記者」は世間とズレている?> 識者コメント、違和感なぜ

      【【大相撲】<「相撲記者」は世間とズレている?> 識者コメント、違和感なぜ 】の続きを読む

      1: 2017/12/01(金) 17:28:23.25 ID:CAP_USER9
       タレント、坂上忍(50)が1日、MCを務めるフジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)で、引退した元横綱日馬富士(33)の
      暴行問題に関する日本相撲協会の対応に対して、「加害者寄り」と不信感を示した。

       日本相撲協会は30日、東京・墨田区の両国国技館で意思決定機関の定例理事会を開き、協会の危機管理委員会は暴行問題の中間報告を行った。
      危機管理委員会は、日馬富士が貴ノ岩の態度を注意するために平手で顔面を殴打したところ、相手が「にらみ返した」ため「平手で多数回、
      カラオケのリモコンで頭を数回殴った」と説明。危機管理委員会の高野利雄委員長(元名古屋高検検事長)は「そこですぐ貴ノ岩が『すみません』と
      謝ればその先に行かなかったと思われますが、貴ノ岩はそうせずに、にらみ返した上、謝罪もしなかった」などと話した。

       MCの坂上は、高野委員長の発言について「この方、元検事長らしいですね、いま危機管理の委員長。この人が、『ちゃんと(貴ノ岩が)
      謝っていれば、その後のことは行かなかった』ってよく言いましたね」と疑問を呈し、「あの立場の人がああいうこと言ったら、どう考えたって
      加害者寄りじゃないですか。この人が危機管理の委員長っていったら、『相撲協会ってフェアな判断してくれるの?』って思っちゃいますね」と
      不信感を露わにした。

       元宮崎県知事でタレント、東国原英夫(60)も「言語道断ですよね」と坂上に同調し、「協会全体が、危機管理委員会も評議委員会も、
      何か執行部の言いなりみたいな、執行部寄りというのが見え隠れしますね。今回、もう協会自体、全体を改革すべきだと思いますよ。理事のメンバーも、
      半分は外部から入れなければダメですね。抜本的な改革が必要だと思いますよ」と断じた。

      サンスポ
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00000561-sanspo-ent

      引用元: ・【芸能】坂上忍、相撲協会に不信感「どう考えたって加害者寄り」

      【【芸能】坂上忍、相撲協会に不信感「どう考えたって加害者寄り」 】の続きを読む

      このページのトップヘ