1:  2017/04/11(火) 06:53:29.08 ID:CAP_USER
      賃貸業界大手で初、鍵の閉め忘れも離れた所から施錠可能

      株式会社レオパレス21は、グラモが展開するスマートロックをレオパレス21仕様にカスタマイズした『Leo Lock』を共同で開発し、
      4月より受注した10月の完成物件より順次搭載することで、当初年間約1万戸への導入を予定しています。
      なお、ネットワーク連携型スマートロックと家電制御機能を搭載した賃貸住宅としては国内最大規模となる見込みです。 

      『Leo Lock』は、基本的な「鍵」に求められる耐久性や信頼性を担保した上で、クラウドサーバーと連携する先進の機能を実現した新しいコンセプトのスマートロック製品です。
      この機能により、例えば那覇から札幌に引越しされる入居者様にも暗証キーをリモート操作でどこででも直ちに発行でき、鍵の受け渡しに手間取ることもなくなります。
      また、従来の鍵を持つ必要が無く、無理に解錠しようとしたり、火災などで異常な温度変化を検知した場合は、スマートロックを経由して指定された宛て先に知らせることも可能になりました。

      また、既に採用している家電制御機器『Leo Remocon』と連動させることで、施錠、開錠の確認を遠隔で可能になる他、
      TV、エアコンなど家電の自動制御や、鍵の開け閉めで室内の電灯を自動的に点灯、消灯することが可能です。

      『Leo Lock』では、レオパレス21の業務システムと連携することにより、
      入退去時の鍵の交換などで発生していた年間約5億円のコストを、大幅に削減可能です。

      【共同開発した『Leo Lock』の固有機能】
      今回、レオパレス21とグラモが共同でお互いのシステムを連携開発することにより、
      現在の運用業務を大きく変更することなく、自然に業務効率を高めることが可能なシステムを実現しました。
      『Leo Lock』はレオパレス21の業務システムと完全に連携されており、従来人手を介して実施していた鍵のシリンダー交換や受け渡し、
      紛失時の対応等の管理業務が遠隔から自動で行われるため、入居者様の利便性向上に加え、管理コストを大幅に削減可能です。
      また、鍵の受け渡しを遠隔で行えるので、無人での物件下見が可能になります。

      中略

      【システム連携による利用シーン】
      ・入居時には、入居開始日に合わせて、入居者毎の鍵情報が自動的に発行されます。
      ・入居者の退去時には退去日に合わせて、鍵情報が無効化され使用不可になります。
      ・物件内覧時やメンテナンス時には、該当物件のワンタイムキーを発行するので、内覧者や業者への物理的な鍵の受け渡しが不要です。

      no title

      https://prtimes.jp/i/5429/337/resize/d5429-337-677948-0.jpg

      http://www.jiji.com/jc/article?k=000000337.000005429&g=prt

      引用元: ・【不動産】レオパレス21、高機能型スマートロックを新築全戸に採用/玄関ドアのキー、新築住宅全戸を今後スマホ・ICカード対応に

      【【不動産】レオパレス21、高機能型スマートロックを新築全戸に採用/玄関ドアのキー、新築住宅全戸を今後スマホ・ICカード対応に】の続きを読む

      1:  2017/09/28(木) 17:08:36.43 ID:CAP_USER
      トヨタ自動車とマツダ、トヨタグループの部品大手デンソーが、電気自動車(EV)の開発に向け新会社を共同で設立する方針であることが28日、分かった。世界的な環境規制の厳格化を背景にガソリン車からEVへ移行する流れが加速しており、連携して基盤技術の開発を急ぐ。

       トヨタとマツダは8月、相互に500億円を出資する資本提携の合意を発表していた。デンソーを加えることで、さまざまな車種に使える部品の生産などを目指す。開発にかかる1社当たりの巨額の費用を抑えることにもつながる。

       新会社は、車体の骨格や制御システムの開発をする。車のデザインや生産、販売はトヨタとマツダがそれぞれ手掛ける見通し。デンソーはEVの動力となるモーターなどの分野で定評があり、軽自動車からスポーツタイプ多目的車(SUV)、小型トラックまで幅広く対応する部品の開発を担う。

       トヨタはハイブリッド車(HV)や、家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)で市場をけん引してきた。マツダは複数の車両を一つの規格で造るノウハウに優れている。

       トヨタとマツダは平成27年5月、環境技術や安全分野の包括提携で基本合意。今年8月に発表した資本提携では、EVの共同開発に加え、米国で新工場を建設する計画などを示した。
      http://www.sankeibiz.jp/business/news/170928/bsa1709281156003-n1.htm
      no title

      引用元: ・【EV】EV開発でトヨタ、マツダ、デンソーが新会社設立へ 基盤技術の開発加速を狙う

      【【EV】EV開発でトヨタ、マツダ、デンソーが新会社設立へ 基盤技術の開発加速を狙う】の続きを読む

      1: 名前は開発中のものです 2016/05/20(金) 07:52:42.33 ID:R/UgAO2U
      no title


      「グランツーリスモ」シリーズ最新作であるPlayStation®4用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』の発売日が2016年11月15日(火)に決定しました。
      日本国内で発売する商品の詳細は後日、改めてご案内いたします。

      no title


      no title


      no title


      no title


      no title


      本作発売日の発表が行われたイギリス・ロンドンでの「『グランツーリスモSPORT』アンヴェイルイベント」の模様は、オンラインチャンピオンシップのプレシーズンテストイベントを中心に、
      YouTube「グランツーリスモ」オフィシャルチャンネルおよび「ソニー・コンピュータエンタテインメント ヨーロッパ」オフィシャルチャンネルにてライブストリームでのブロードキャストとアーカイブ放映を予定しておりますので、ぜひご覧ください。

      日本のユーザーのみなさんへ向けた本作体験イベントも近日実施を予定しています。
      詳細は「グランツーリスモ」オフィシャルサイトで随時公開します。

      http://www.gran-turismo.com/jp/

      https://www.youtube.com/user/GranTurismoOfficial

      https://www.youtube.com/user/sonyplaystation

      グランツーリスモSPORT(「グランツーリスモスポーツ」)

      発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
      開発元:ポリフォニー・デジタル
      ジャンル:リアルドライビングシミュレーター
      対応機種:PlayStation®4
      発売日:2016年11月15日(火)
      価格:未定
      CERO:審査予定

      https://www.jp.playstation.com/blog/detail/3034/20160520-gt.html

      引用元: ・PS4®『グランツーリスモSPORT』11月15日(火)発売決定!

      【PS4®『グランツーリスモSPORT』11月15日(火)発売決定!】の続きを読む

      このページのトップヘ