1: 2017/10/12(木) 09:28:42.92 ID:CAP_USER9
      12日の東京株式市場で日経平均株価は、取り引き時間中に2万900円台後半まで上昇し、平成8年12月以来、20年10か月ぶりの高値水準をつけました。

      12日の東京株式市場は11日のニューヨーク市場でダウ平均株価が最高値を更新したことなどから、取り引き開始直後から多くの銘柄で買い注文が出ています。

      このため、日経平均株価は2万900円台後半まで上昇し、取り引き時間中として平成8年12月以来、20年10か月ぶりの高値水準をつけました。

      市場関係者は「日経平均株価は、きのう、終値で20年10か月ぶりの高値水準となったが、きょうも企業の好調な業績を背景に11日のニューヨーク市場でダウ平均株価が最高値を更新したほか、このところの円安ドル高で輸出関連の銘柄を中心に買い注文が出ていて、引き続き、値上がりしている。ただ、先行き不透明な北朝鮮情勢や衆議院選挙の結果しだいでは株価が下落する可能性もある」と話しています。

      10月12日 9時09分
      NHK NEWS WEB
      http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171012/k10011175521000.html?utm_int=all_contents_just-in_001
      no title

      引用元: ・【株価】日経平均株価上昇 20年10か月ぶり高値水準

      【【株価】日経平均株価上昇 20年10か月ぶり高値水準 】の続きを読む

      1:  2017/10/12(木) 00:49:04.35 ID:CAP_USER9
      http://jp.reuters.com/article/abe-stocks-buy-idJPKBN1CG13O

      [東京 11日 ロイター] - 日経平均株価.N225が、2015年に付けた「安倍相場」の高値に接近した。しかし、2年前と比べその様相はかなり異なる。

      世界的な株高に加え、業績拡大期待が追い風となっているが、ドル/円JPY=は10円以上もドル安/円高の水準。最大の買い手も海外勢から日銀に替わった。衆院選を控え政治も先行き不透明だ。持続的な株高となるのか、予断を許さない。

      <円高進行でも業績拡大>  

      安倍相場における日経平均の取引時間中の高値は、15年6月24日に付けた高値2万0952円71銭。11日はあと54円30銭に迫った。終値では同日に付けた2万0868円03銭を突破し、1996年12月以来、20年10カ月ぶりの水準まで上昇している。

      15年当時の状況と比べて、大きく異なるのは、まず為替水準だ。15年6月時点で123円台にあったドル/円は、足元で112円台と10円超の円高水準にある。ユーロ/円EURJPY=は春先からのユーロ高で縮まったが、それでも2年前より6円近い円高レベルにある。

      三菱東京UFJ銀行・チーフアナリストの内田稔氏は「日銀の金融政策でデフレを脱却する期待がはく落し、インフレ期待が大きくしぼんだ」と指摘。15年に比べ日本の予想実質金利が1%近く上昇したことで、日米実質金利差の縮小が円高につながったと分析する。

      ただ、円高進行にもかかわらず企業業績は好調。16年度法人企業統計によると、日本企業(金融、保険除く)の経常利益は、前年比9.9%増の74兆9872億円と過去最高。今年度も更新する見通しで、9月中間決算発表では、業績予想の上方修正が相次ぐとみられ、足元の株高の原動力の1つだ。

      2年前は円安進行を背景に輸出企業が業績を伸ばしたが、最近は内需系企業が好調だ。16年度の経常利益(法企統計)では、製造業の3.1%増に対し、非製造業は13.5%増。「インバウンド需要が息を吹き返しているほか、オリンピックに絡んだ再開発需要も建設業に寄与している」(三井住友アセットマネジメント・シニアストラテジスト、市川雅浩氏)という。

      <買い手は海外勢から日銀に>

      日本株の買い手も変わった。「安倍相場」初期の買い手は海外勢。12年11月の安倍相場のスタートから15年6月までに現物株と先物の累計で約23兆円買った。だが、チャイナ・ショックが起きた同年夏以降は売り越しに転じた。衆院解散観測が強まった今年9月以降は、先物のショートカバーが入っているが、17年累計では4800億円程度の売り越しだ。

      ソシエテ・ジェネラル証券・株式営業部長の杉原龍馬氏は「アベノミクスにより日本株の環境が大きく変化する局面は終わった。これから先は、小さな変革が積み上がっていくイメージ。欧米に比べテーマが乏しく、相対的に日本株のポジションを高めなければならない理由がない」と話す。

      海外勢に替わって日本株最大の買い手となっているのが日銀だ。日銀は16年7月にETF(上場投資信託)の買い入れ額を年間3.3兆円から6兆円にほぼ倍増することを決定。買い入れ額は15年の3兆0694億円に対し、17年1─9月中で、すでに4兆5462億円に上っている。

      当面は売りに回らない日銀のETF買い。日経平均型からTOPIX型にシフトするなど市場のゆがみを抑える努力はしているものの、市場では「日銀による年間6兆円のETF買いがなければ、日経平均は今の水準には届かない」(国内銀行アナリスト)との見方は多い。
      (リンク先に続きあり)

      OCTOBER 11, 2017 / 11:53 AM / 5 HOURS AGO更新

      引用元: ・【日経平均株価】安倍相場の高値に肉薄、2年前とは異なり買い手は海外勢から日銀に 専門家が分析

      【【日経平均株価】安倍相場の高値に肉薄、2年前とは異なり買い手は海外勢から日銀に 専門家が分析 】の続きを読む

      1:  2017/10/08(日) 17:30:21.82 ID:CAP_USER
      no title

      no title

      TIOBE Softwareから、2017年10月のTIOBE Programming Community Index (PCI)が公開された。TIOBE PCIは、複数の検索エンジンの検索結果から、対象となるプログラミング言語がどれだけ話題になっているかをインデックス化したもの。

      2017年10月におけるインデックスは次のとおり。

      順位 プログラミング言語 インデックス値 推移
      1 Java 12.431% ↓
      2 C 8.374% ↓
      3 C++ 5.007% ↓
      4 C# 3.858% ↓
      5 Python 3.803% ↑
      6 JavaScript 3.010% ↑
      7 PHP 2.790% ↑
      8 Visual Basic .NET 2.735% ↑
      9 Assembly language 2.374% ↑
      10 Ruby 2.324% ↑
      11 Delphi/Object Pascal 2.180% ↑
      12 Perl 1.963% ↓
      13 MATLAB 1.880% ↑
      14 Scratch 1.819% ↑
      15 R 1.684% ↓
      16 Swift 1.668% ↓
      17 Objective-C 1.513% ↓
      18 Visual Basic 1.420% ↓
      19 PL/SQL 1.408% ↓
      20 Go 1.357% ↓

      2017年に入ってから、プログラミング言語「Swift」は2.3%のレーティング値を付けてトップ10入りしたものの、その後だんだんとポイントを下げて今回は16位につけた。SwiftとともにJavaも下落傾向にあるが、Tiobe SoftwareではこうしたSwiftとJavaの衰退の理由を、モバイルアプリの開発が個々のプログラミング言語を直接使うスタイルではなく、同時にiOSとAndroid向けのアプリを開発できるフレームワークに移っている点にあると指摘している。

      iOSとAndroidアプリを同時に開発できるフレームワークとして、Tiobe SoftwareはMicrosoft XamarinおよびApache Cordova、Ionicを挙げている。Microsoft XamarinはC#、CordovaとIonicではJavaScriptを利用する。このため、JavaとSwiftの下落と同時に、C#とJavaScriptの増加傾向が見られると分析している。
      http://news.mynavi.jp/news/2017/10/06/140/

      【【IT】SwiftとJavaが減少、その理由は? - 10月開発言語ランキング 】の続きを読む

      このページのトップヘ